Logo

 
 
TOP > 勅使河原和風会とは
 
 

勅使河原 和風会とは

現在、世界を舞台に、いけ花活動を行う勅使河原和風は1949年、鎌倉に生まれる。明治後期に、「日本生花学会」を主催し、日本華道の新たな教授法を確立した祖父(初代和風)、昭和期に国内外で家庭いけ花の風流愛花を披露し、独自のいけ花芸術を推進した父(二代目和風)のあとを継ぎ、1992年、三代目和風を襲名。花と器と環境の調和により構成される、環境芸術としてのいけ花を実践。その作品は、いけ花における、優雅さ、創造性、神秘性を象徴している。また、その指導は一人一人のアーティスティックセンスを尊重、明解なテクニックと共に、次世代のいけ花を推進。

歩み

1896年
初代和風 『日本生花学会』スタート
1926年
初代和風花塚建立 豊島区雑司ヶ谷鬼子母神脇法明寺山門前
1947年
警視庁警察学校 指導開始
1948年
会のシンボル「菊」考案
1949年
日本女子大学 桜楓学園 指導開始
1961年
和風会歌「花ありつねに」発表 作詞 高橋掬太郎 作曲 江口夜詩
1964年
2代目和風 ニューヨーク国連本部にて、いけばな紹介
1992年
第5回世界臨床薬理会議
ソシアルプログラムにて会頭デモンストレーション
1997年
国際炎症学会ソシアルプログラム 会頭デモンストレーション(交際フォーラム)
1998年
AGFAガリレオポスターメインビジュアルとなる花の制作
2000年
鎌倉KAMAKURA ROTARY CLUB 講演(鎌倉プリンス)
BMW.Magazineの取材と撮影
会頭 The BMW CIUB7 撮影 川崎のスタジオにて
2004年
ミスターマック(ペットグッズ販売店)ペットの食器に副会頭いけ込み作品、いけ込み風景インターネット記載
2005年
イケバナインターナショナル サンフランシスコ ベイエリア支部サンフランシスコカウンティービルディングにて初の親子でのデモンストレーション
テレビ東京 出没!アド街ック天国にて副会頭出演
2006年
さくら通信ポコ2006March No.4 3月4月号に副会頭掲載
角川書店ChouChou・大人のウォーカー4月号にて副会頭の広告用作品掲載
マガジンハウスHanakoゴールデンウィーク特集にて副会頭掲載
さくら通信ポコ2006MayNo.6 7月8月号表紙に会頭作品掲載
主婦の友社 Fashionドグパラ12月号臨時増刊vol.01秋・冬にて、副会頭の広告用作品掲載

初代 勅使河原 和風

2代目 勅使河原 和風